スポンサーリンク

巨人の村田修一選手が戦力外となり、どの球団が獲得に名乗りを上げるかが話題となっています。
すでに手を引いている球団も多い中、広島カープが村田修一選手を獲得した場合のメリットを考えてみました。
36歳という年齢がネックだが、三塁手としてメリットはあるか!?





スポンサーリンク

広島カープの過去の戦力外獲得者





ここで、まずは広島カープが過去において他球団の戦力外選手を獲得した主な選手をピックアップしてみます。


豊田清




西部ー巨人と渡り歩いた豊田は、2010年に巨人を戦力外通告となった。
そこで広島が獲得に名乗りを上げ、背番号「33」で広島入り。

2011年から中継ぎ投手として32試合に登板し、2勝1敗7ホールド・防御率3.08の成績を残した。
広島カープからは2012年も契約を促されたが、豊田の方から引退を表明。
広島カープ時代はわずか1年で終わりとなった。

尚、豊田は2014年から巨人のコーチを務めています。


石井琢朗




2008年に横浜から引退勧告を受けた石井琢朗は、現役にこだわり自由契約に。
そこで広島が獲得に名乗りを上げ、広島入り。

2009年は一軍スタートし、遊撃手・三塁手での起用で出場をしていた。

途中、小窪との併用もありつつも堂々と一軍で出場を続け、2010年、2011年も活躍を続けた。

2012年より一軍野手コーチを兼任となったが、2012年に引退を表明。
そのまま広島カープのコーチを務め、広島カープの打撃改造に大きな役割を果たした。

2016年、2017年と広島のリーグ連覇へと導き、役目を果たして肩の荷が下りたのか、
2017年限りで広島のコーチを辞め、退団することを表明した。

2018年は関東に住む家族の元へと戻ることになっており、ヤクルトのコーチ入りが噂されている。


久本祐一




ザ・Aクラス請負人の久本。

2012年に中日を戦力外になり、2013年から広島でプレイ。
先発、中継ぎと要所要所でベテランの働きを見せてくれました。

くしくも2016年に広島を退団した年に、広島はリーグ優勝を果たした。



アレックス・オチョア




2003年から2006年まで中日で活躍した助っ人外国人のアレックス・オチョア。

得点圏打率が高く、打撃面で高評価だったが、2006年のペナント終了後に中日が契約結ばないことを表明。

2007年、いったんはボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んでマイナーでプレイしていたが、
シーズン途中で広島が獲得を表明。

2007年、2008年と広島でも高い得点圏打率を残し活躍した。

マツダスタジアムの開設に伴って球場が広くなったため、肩の衰えが見え始めたアレックス・オチョアとは2009年の契約を結ばず、2008年で広島を去ることとなった。


エクトル・ルナ




2012年から2015年まで中日で活躍したエクトル・ルナ。
通称ルナ先生。
驚異のアベレージヒッターとして恐れられていた。
2015年オフにビシエドを獲得した中日は、エクトル・ルナと契約を延長しなかったため、
三塁手を欲していた広島が獲得に名乗りを上げた。

2016年は三塁手として、また、エルドレッドのサブ要員としてリーグ優勝に貢献したエクトル・ルナ。
しかし、エルドレッド・ジョンソン・ジャクソン・ヘーゲンズなど、一軍の外国人枠の兼ね合いから、
一軍出場は67試合にとどまった。


三塁手として期待されたが失策も多く、守備面では期待された活躍は見られなかった。
また、安部の台頭に従って、エクトル・ルナは2017年の契約は結ばれず、退団となった。

けれども、エルドレッド不在時に、繋ぐ四番としてエクトル・ルナの活躍は忘れません。



他にも色々とおりますが、近年の主な選手を並べてみました。

特に石井琢朗の貢献は高く、コーチとして広島にとって無くてなならない人材だったと言えるでしょう。



広島カープの村田要望論





そこで、CS広島が村田を欲するかどうかを考えてみました。


まず守備面で考えると、村田は主に三塁と一塁を守っています。

そして、広島は三塁は安部、小窪、西川など。

一塁はエルドレッド、新井、松山などが守っています。


今まで三塁手が喉から手が出る程欲しがっていた広島ですが、安部の台頭でその穴が大方埋まったかと思います。

ただ、CSまっさかりの現在、安部が怪我で抹消しているため、西川などが三塁を守っています。

けれども、やはり打撃面ではやはり安部からは一枚劣るといった印象で、明らかに得点力が下がっています。


そういう意味で、三塁手のサブ要員として村田がいたら助かるというのが私一個人の考えです。

また、現在の打てる代打は岩本・新井さんくらいでしょうか。

もう一人、長打のある選手がいたら試合終盤の攻撃力が高まると思います。


そういったところから、守備・攻撃力の面からして、
実は広島カープに村田修一はマッチするのではないか、と思います。


やっぱり三塁手不足はまだ埋まり切っていないと思いますので。


村田修一が移りたい球団は?






いくら私が村田修一が欲しいと思っても、村田修一自身はどこの球団に行きたがっているのでしょうか?

本音で言うと、家族のいる関東での球団がベストと本人は思っているでしょう。

そこから考えると、DeNA(横浜)、ヤクルト(東京)、西部(埼玉)、ロッテ(千葉)が候補に挙がるかと思います。

DeNAは村田の古巣です。
FAからの出戻りで新井さんが広島に戻ったように、村田も出戻りでDeNAに戻る可能性も無きにしもあらず。
ただ、DeNAは宮崎が三塁手として定着しているので、村田の出戻りに手を挙げるかどうか、といったところ。


また、村田修一は2000本安打まであと135本。
1年をフル出場しても達成できるかどうかといった残数です。

そういったところから、代打要員ではなく、スタメン出場させてくれる球団を望んでいることでしょう。


ただ、関東の球団でかつスタメン出場といったのはあくまで村田個人の要望。

自身は戦力外通告となった身であることから、名乗りを上げてくれた球団を拒否することはあまり考えられないでしょう。

そういう意味で、獲得表明をしたらどこの球団でも行くと思われます。



村田修一獲得による年棒は?





2017年、巨人での村田修一の年棒は(推定)2億2000万と言われています。

ちなみに新井さんが阪神から広島へ戻った際は、2億から2000万でした。

そう考えると、最低でも2000万にはなりますが、2000万で村田修一が獲得できるなら安すぎるでしょう。

名乗りを挙げるにしても、5000万前後となる可能性が高いと思います。


けれども、広島はエクトル・ルナを獲得した際のルナは35歳でした。
それでルナの年棒は1億円。
年齢的には36歳の村田と似たようなものです。
ただ、当時の広島は三塁手が全くの不在だったから手を挙げたという状況。

今回は安部が育っているので、そこまでして村田を獲得する必要性は無いとも言えます。

5000万円前後で36歳の村田を獲得。

お買い得と見るか、どう考えるか。



広島カープが村田修一を欲しがるかの結論






以上より、私個人の意見では、5000万円程度で三塁手の村田が獲得できるのであれば安いものだと思います。

ちなみに、今季で退団となった梵英心選手の推定年棒が4000万円。

それをそのまま回せば、長打のある三塁手を獲得できる。

ちょっと夢のある話ですよね。

今季は梵英心選手は一軍出場が無かったわけですし。


ただ、問題はお金だけではありません。

せっかくチームの大黒柱が新井さんがまとめていて、他は若いメンバーで構成されている広島カープ。

そこによそ様の36歳村田修一が加わるのはチームの輪を乱すもとになる可能性もあります。


その可能性があるのに敢えて賭けで村田修一を取る必要性は無いと球団は考えるでしょう。

ましてや、「打てて走れる」選手がチームカラーの広島カープ。

走れない清宮から撤退した事実もありますので、今更村田獲得には出ないでしょう。



ただ、村田が加入した広島カープもちょっと見てみたいです。

明らかに打撃力はアップすると思いますので。

わずかな望みを持ちつつ、村田修一の今後を見守りたいと思います。


けど、男・村田修一。
ちょっと欲しいです。
けど、もし村田はカープに来たら、新井さんと背番号「25」が被ってしまいますね。
そうなったら村田は背番号が変わってしまいますね。
「55」はエルドレッドですし、「44」は松山なので、梵が付けてた「6」が候補!?




以上、「巨人・村田修一の戦力外に広島カープが取った場合のメリットは?」でした。



スポンサーリンク
総合の関連記事
  • 広島・鈴木誠也の2019年の年棒を大予想!契約更改で1億円突破は間違いなし!
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 巨人・村田修一の戦力外に広島カープが取った場合のメリットは?
  • 【2017年】広島カープ 契約更改予想!リーグ連覇で大幅年棒アップは誰だ!?
  • 新井さんも衝撃!弟・新井良太が現役引退を決意。引退後の進路は!?
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
おすすめの記事