スポンサーリンク

今季、大活躍だった鈴木誠也選手はまだ高卒4年目の22歳。

年棒もそんなに高くなく、非常にコストパフォーマンスの良い選手だったと言えます。

そんな鈴木誠也選手の年棒推移を、広島カープの高卒選手と比較してみました。

いかに鈴木誠也選手の今年の年棒がコストパフォーマンスに優れていたかわかって頂けるかと思います。




スポンサーリンク

鈴木誠也の年棒推移


今季、素晴らしい成績を納めた鈴木誠也選手。打者としての成績に加え、ゴールデングラブ賞まで受賞し、
さらには「神ってる」で流行語大賞まで受賞しました。

そして鈴木誠也選手は高卒4年目の22歳。

ここでは、これまでの鈴木誠也選手の年棒推移をまとめてみました。
(年棒は推定です。)




オーナーズリーグ ol24 24 鈴木誠也 ST BOX 開封品


年数 年度 推定年棒 前年比
1年目 2013年 600万円 -
2年目 2014年 650万円 1.083倍
3年目 2015年 900万円 1.385倍
4年目 2016年 1,700万円 1.889倍
5年目 2017年 ???? ????


尚、2012年のドラフト2位で、契約金6,000万円でした。

ルーキーイヤーはドラフト上位の高卒選手としては標準的な年棒の600万円。

背番号は鈴木姓にちなんで、イチローと同じ『51番』を球団から与えられました。



そんな鈴木誠也選手のルーキーイヤーは11試合出場で12打数1安打

ちょっと本人としても悔しい1年だったのではないでしょうか。

でも、イチロー選手も高卒1、2年目はあえて2軍で鍛えに鍛えたとされています。

そして3年目に210安打、3割8分5厘という驚異の成績を残しています。


鈴木誠也選手も同様に、2,3年は2軍で鍛えられていたのでしょうね。


2年目は出場機会も結構増えて、36試合出場で22安打、打率3割3分4厘という高打率を残しました。

そして、2年目のオフには1.385倍のアップ率の600万円⇒900万円となっています。


3年目はさらに出場機会が増え、97試合出場で58安打、2割7分5厘という、そこそこの数字を残しました。

そして、3年目のオフには1.889倍のアップ率の900万円⇒1700万円となっています。


そして、2016年今季。1700万円という年棒に対し、

129試合出場で156安打、3割3分5厘、29本塁打、16盗塁でなんとOPSが1.015!

素晴らしい成績を納め、1700万円という年棒以上の成績を残し、華々しく名前を広めることになりました。


4年目のオフ、契約更改は12月14日に行われる予定です。

予想では3300万円アップの5000万円。アップ率なんと2.941倍くらいかと想像します。


今季、DeNAの筒香選手が1億円から3億円のアップ率3倍でしたので、
鈴木誠也選手も上記のアップ率くらいが妥当かと思われます。


少なくとも、倍増以上での契約更改になるだろうとは思われます。



広島カープの高卒選手と比較してみた


では、ここでは広島カープの他の高卒選手の年棒推移と比べてみました。


堂林翔太選手





オーナーズリーグ13 BOOST ブースト 堂林翔太 広島カープ【中古】



年数 年度 推定年棒 前年比
1年目 2010年 700万円 -
2年目 2011年 700万円 1.000倍
3年目 2012年 700万円 1.000倍
4年目 2013年 1,700万円 2.429倍
5年目 2014年 2,000万円 1.176倍
6年目 2015年 2,000万円 1.000倍
7年目 2016年 1,830万円 0.915倍



堂林翔太選手はドラフト2位、契約金7000万円で入団しています。

入団時はちょっとだけ鈴木誠也選手よりも高めの年棒でしたね。

2013年に2.429倍というジャンプアップをしています。

このあたりで広島カープのプリンスとして人気を博し、球団の顔とも言える売り出し中の選手になりましたね。

そんな堂林翔太選手も現在は3塁争いをしつつもレギュラー定着できずに苦しい状態です。

来季は安部選手と3塁争いをすることになるでしょう。



丸佳浩選手






オーナーズリーグ13 スター ST丸佳浩(ウエハース版) 広島カープ【中古】



年数 年度 推定年棒 前年比
1年目 2008年 500万円 -
2年目 2009年 500万円 1.000倍
3年目 2010年 550万円 1.100倍
4年目 2011年 600万円 1.091倍
5年目 2012年 1,700万円 2.833倍
6年目 2013年 2,300万円 1.353倍
7年目 2014年 5,100万円 2.217倍
8年目 2015年 9,000万円 1.765倍
9年目 2016年 8,500万円 0.944倍
10年目 2017年 1億4,000万円 1.647倍


丸佳浩選手も広島カープの顔とも言える代表選手へと成長しました。

2007年ドラフト3位で入団しています。

2012年に600万円から1700万円へとジャンプアップ。

カープは1700万円という数字が好きなのでしょうか。


2015年は不調だったため、初のダウンでの契約更改をしています。

が、今季 2016年は25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献し、

2017年は念願の1億円プレイヤーの仲間入りを果たしました!

丸選手おめでとう~!



鈴木誠也選手の年棒アップの比較としては、

同じ高卒の丸選手がベースになると考えられますね。

そうなると、来季の鈴木誠也選手はやはり5000万円から6000万円の間くらいが妥当でしょう。






安部友裕選手





オーナーズリーグ ol24 24 安部友裕 N BOX 開封品




年数 年度 推定年棒 前年比
1年目 2008年 600万円 -
2年目 2009年 600万円 1.000倍
3年目 2010年 600万円 1.000倍
4年目 2011年 600万円 1.000倍
5年目 2012年 650万円 1.083倍
6年目 2013年 950万円 1.462倍
7年目 2014年 1050万円 1.105倍
8年目 2015年 1000万円 0.952倍
9年目 2016年 1080万円 1.080倍
10年目 2017年 ???? ????



今季、3塁をルナと争った安部友裕選手。

丸選手と同じ2007年ドラフトの1位で入団しています。

しばらくは1軍に定着できずにいましたが、今季・2016年にブレイク。

2015年に26試合出場だったのが、2016年には115試合に大幅増。

73安打、打率2割8分2厘の成績を納めました。

ここぞの勝負強さが光る1年だったと言えます。


予想では、今季の1080万円から1700万円、あるいは2000万円くらいになるかと思われます。

1軍定着がされないまましばらく一定後のブレイクでジャンプアップ。

まさにブレイク選手のお手本のような感じか。



中崎翔太選手





オーナーズリーグ23 OL24 グレート GR 中崎翔太 広島カープ【中古】




年数 年度 推定年棒 前年比
1年目 2011年 450万円 -
2年目 2012年 500万円 1.111倍
3年目 2013年 800万円 1.600倍
4年目 2014年 900万円 1.125倍
5年目 2015年 1,750万円 1.944倍
6年目 2016年 4,200万円 2.400倍
7年目 2017年 8,500万円 2.023倍



ここで投手も一人比べてみました。

今や広島カープの若き守護神となった中崎翔太選手。

ドラフト6位という下位指名ではありましたが、

2015年の守護神抜擢により結果を残し、

1750万円⇒4200万円⇒8500万円と倍増倍増となっています。


それだけ球団に貢献しているのだと言えるでしょう。

また、投手ではありますが、このアップ率は鈴木誠也選手も比較の対象になります。

今季1700万円だった鈴木誠也選手。

中崎翔太選手のアップ率を参考にした場合、来季は4000万円から5000万円が妥当な数字になりますね。


ドラフト6位からここまで上り詰めた中崎翔太選手。

来季も成績を残せば、1億円プレイヤーも決して夢ではありませんね。




終わりに


このような感じで、広島カープの1軍で活躍する高卒選手の年棒推移をまとめてみました。

だいたいが1700万円のベースがあり、そこを超えると4000万円にジャンプアップ。

さらに成績を残せば8000万円にジャンプアップ。

という傾向が見られました。


鈴木誠也選手も1700万円からジャンプアップを果たし、

さらに来季の活躍次第では1億円プレイヤーの仲間入りも可能性が出てきます。


高卒6年目での1億円プレイヤーとなると、かなりのスピード出世になりますね。

それもこれも、来季も同様に活躍することが条件です。


オフには他球団も分析をしてくるでしょうし、今季と同じような成績を残すには

さらなるレベルアップが必要でしょう。


練習の虫、鈴木誠也選手ですので、困難な壁もぶち破って、

来季も暴れまわってくれるのを期待しましょう。



以上、広島カープの高卒選手年棒を比べてみた、でした。

スポンサーリンク
総合, 雑記の関連記事
  • 広島・鈴木誠也の2019年の年棒を大予想!契約更改で1億円突破は間違いなし!
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 巨人・村田修一の戦力外に広島カープが取った場合のメリットは?
  • 【2017年】広島カープ 契約更改予想!リーグ連覇で大幅年棒アップは誰だ!?
  • 新井さんも衝撃!弟・新井良太が現役引退を決意。引退後の進路は!?
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
おすすめの記事