スポンサーリンク

来年3月に催されるWBCの日本代表選手のうち、一部が20日、公表され、広島からは菊池涼介選手と鈴木誠也選手が選出されました。






 菊池涼介選手は今季、打っては185安打と最多安打のタイトルを獲得し、守って守備率9割9分越えの潔癖の守りでの25年ぶりのリーグ優勝に貢献しました。前日19日の契約更改交渉では、6000万円増の1億4500万円(金額は推定)でサイン。これにより広島カープの日本人では最高年俸となっています。

「選んでいただき光栄です。自分の持ち味をしっかりと出して、チームに貢献できるように頑張ります」と球団広報を通じてコメントしています。


 同じく、侍ジャパンに選出された鈴木誠也選手も、今季の成績は打率ではリーグ2位となる3割3部5厘、本塁打は自己最多の29本を放ち、交流戦のオリックス戦では2夜連続のサヨナラホームランで一躍、時の人となった。

11月に行われた侍ジャパンのオランダ戦でも満塁ホームランを打つ大活躍。

広島カープの若きスラッガーの誕生となった。

「選んでいただき光栄です。少しでも日本代表チームの力になれるよう、精いっぱい頑張ります」と球団広報を通じてコメントしています。

尚、こちらから鈴木誠也選手の侍ジャパン強化試合のオランダ戦をご覧ください。
もう、この活躍は「神ってる」ではなく、実力そのものですね。



今季の大活躍は、オフにソフトバンク・内川選手らと合同自主トレを行い、
様々なことを教わり吸収したことが要因だとも言われています。

そして、この侍ジャパンにおいても、周りのメンバーはそうそうたるメンバーになることは間違いありません。

日本の勝利も当然大事ですが、ここは貪欲に自己のレベルアップに向けて、
他の選出メンバーから色んなことを学び、経験を積んでもらいたいところですね。


スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]





尚、公表されたWBC選出メンバー(の一部)は下記の通りです。

中田翔(日本ハム)
松田宣浩(ソフトバンク)
菊池涼介(広島)
坂本勇人(巨人)
山田哲人(ヤクルト)
内川聖一(ソフトバンク)
秋山翔吾(西部)
鈴木誠也(広島)
筒香嘉智(DeNA)
大野奨太(日本ハム)
嶋基宏(楽天)
増井浩俊(日本ハム)
宮西尚生(日本ハム)
大谷翔平(日本ハム)
牧田和久(西部)
則本昴大(楽天)
菅野智之(巨人)
秋吉亮(ヤクルト)

こう見ると、日本ハムの投手力が凄いのがわかりますね。
中日・阪神・オリックス・ロッテは今のところ一人も選出していません。

ここでも鈴木誠也選手は内川選手と話す機会ができましたね。
今オフのすでに内川選手と合同トレを行うと言われています。

ひとまずは、このメンバーの中から外野のスタメンと勝ち取ることを目指してほしいですね。



スポンサーリンク
ニュース, 総合の関連記事
  • 新井さんも衝撃!弟・新井良太が現役引退を決意。引退後の進路は!?
  • 神った!覇気った!安部のサヨナラ2ランホームランでマジック12再点灯!
  • 【悲報】広島・鈴木誠也が右足手術で全治3ヶ月だが日本シリーズに間に合うか調べてみた
  • 鈴木誠也が夜遊びを週刊誌に報道された!金髪美女との夜の密会。尚、成績は爆上げの模様
  • 広島カープ・鈴木誠也の成績アップ間違いなし!?今年も内川塾で合同自主トレ!
  • 広島カープ・鈴木誠也と菊池涼介が侍ジャパンに選出!WBCで大暴れを期待!
おすすめの記事