スポンサーリンク

2017年も冬が終われば開幕です。2016年は大ブレイクした鈴木誠也、中ブレイクした安部や下水流など、
2017年も期待の選手が大勢います。
緒方監督がどのような方針で選手を起用するかわかりませんが、
ここでは勝手にスタメン予想をしてみました。
変わり種予想の俊足バージョンの走力が半端なく凄いことになりました。






スポンサーリンク

2017年広島カープのスタメン予想


広島カープ,2017年,スタメン,予想


ひとまず、誰しもが考えるであろうスタメンを予想してみました。

こちらが第一予想です。

【ベストスタメン】

1番 ショート 田中広輔(左打ち)
2番 セカンド 菊池涼介(右打ち)
3番 センター 丸佳浩(左打ち)
4番 ファースト 新井貴浩(右打ち)
5番 ライト 鈴木誠也(右打ち)
6番 レフト エルドレッド(右打ち)
7番 サード 安部友裕(左打ち)
8番 キャッチャー 石原慶幸(右打ち)
9番 ピッチャー

【ベンチ入り候補】

松山竜平(左打ち)ポジション 外野、ファースト
下水流昂(右打ち)ポジション 外野
小窪哲也(右打ち)ポジション サード・セカンド・ショート
西川龍馬(左打ち)ポジション サード・セカンド
野間峻祥(左打ち)ポジション 外野
梵英心(右打ち)ポジション サード・セカンド・ショート
天谷宗一郎(左打ち)ポジション 外野
堂林翔太(右打ち)ポジション 外野・サード・ファースト



ひとまず、疲労・けが人がいない状態の万全な体制でのスタメンが上記だと思います。

ここまで、同じような予想をした方が多いのではないでしょうか?

一番無難とも言えますし、これ以外は微調整レベルでの起用になると思います。



スタメン考察理由


広島カープ,スタメン,予想,2017年


なぜ、このようなスタメンを考えたのか。

素人考えではありますが、ちゃんと理由があってのスタメン予想です。


2016年で大成功だったタナキクマルを並べるのは変えることはないでしょう。
田中が出塁し、菊池が送って丸、新井が返す。
という一連の流れが機能すれば、2017年も丸と新井の打点は80点以上は固いです。


鈴木誠也選手をどの位置に入れるか迷いましたが、やはり4番ではなく5番以降で伸び伸び打たせる方が良いかと思います。
かと言って、あまり下位打線すぎると、打順が回る回数が減るので5番あたりが妥当かと思います。

新井が返すと、鈴木誠也が起点となって打線が始まる。
新井がアウトなら、鈴木誠也がきっちりと返す。


新井の結果がいずれであっても、鈴木誠也の位置は結構大事な打順かと思います。


エルドレッドは一昨年のホームラン王を取ったときほどの勢いは落ちている感じですね。
けれど、2016年序盤のケースバッティングができれば、打つときは大砲として、塁が埋まっていればアベレージヒッターとして中距離砲の役割を果たしてもらいたいと思います。

7番はサードのポジションです。
ルナが退団しましたので、当面の予想では安部がスタメンになるかと思います。
安部の調子次第、あるいは相手投手が右投げ、左投げのどちらかによって、
天谷・小窪・堂林・西川との日替わりスタメンが考えられます。

安部が左打ちですので、相手が左投手だった場合は右打ちの天谷・堂林に変わるといった感じですね。


そのため、上記のスタメンが現在の戦力における、最も攻撃力のある選択かと思います。



ベテラン勢疲労による第2の配役


疲労や怪我により、ベストスタメンから配役をいじることも多くなってきます。

その場合もちょっと考えてみました。


【新井お休みバージョン】

1番 ショート 田中広輔(左打ち)
2番 セカンド 菊池涼介(右打ち)
3番 センター 丸佳浩(左打ち)
4番 ファースト エルドレッド(右打ち)
5番 ライト 鈴木誠也(右打ち)
6番 レフト 松山竜平(左打ち) or 野間峻祥(左打ち)
7番 サード 安部友裕(左打ち)
8番 キャッチャー 石原慶幸(右打ち)
9番 ピッチャー


新井貴浩 2000安打達成記念DVD 〜ど根性でつかんだ栄光!ドラフト6位から名球会へ〜 [ 新井貴浩 ]


新井の代わりにエルドレッドが4番ファーストにつきます。

空いたレフトに松山、または野間が入ります。
打順は6番と7番を入れ替える可能性もあります。

打点力と守備力が落ちるので、新井にはできれば出続けてもらいたいのですが、年齢もありますのでフル出場は難しいです。

相手投手との相性や、負け試合での早めの交代などで、
2016年と同様に新井の体調面を考慮しての起用は引き続き必要ですね。


【エルドレッドお休みバージョン】

1番 ショート 田中広輔(左打ち)
2番 セカンド 菊池涼介(右打ち)
3番 センター 丸佳浩(左打ち)
4番 ファースト 新井貴浩(右打ち)
5番 ライト 鈴木誠也(右打ち)
6番 レフト 松山竜平(左打ち) or 野間峻祥(左打ち)
7番 サード 安部友裕(左打ち)
8番 キャッチャー 石原慶幸(右打ち)
9番 ピッチャー


カルビー2016 プロ野球チップス チーム打率トップカード No.AL-10 エルドレッド

エルドレッドの代わりに、レフトに松山、または野間が入ります。
打順は6番と7番を入れ替える可能性もあります。

こちらは単純に攻撃力が落ちます。
ただし、意外とエルドレッドが三振連発するよりも「繋ぎ」の野球として機能するかもしれませんね。

エルドレッドの外角低めを簡単に三振してしまうのが改善されればいいのですが・・・



夢のある俊足の配役


広島カープは俊足の選手が大勢います。

小兵と言われれば仕方がありませんが、本塁打が打てない分、出塁して盗塁すればそれだけで2塁打と同じです。

ここでは足でかき回すスタメンを考えてみました。


【足でかき回す俊足スタメン その1】

1番 ショート 田中広輔(左打ち)
2番 セカンド 菊池涼介(右打ち)
3番 センター 丸佳浩(左打ち)
4番 ファースト 新井貴浩(右打ち) or エルドレッド(右打ち)
5番 ライト 鈴木誠也(右打ち)
6番 レフト 野間峻祥(左打ち)
7番 サード 西川龍馬(左打ち)
8番 キャッチャー 石原慶幸(右打ち)
9番 ピッチャー

4番に大砲を置いてみましたが、1番から3番、5番から7番まで走れる選手です。
これらのメンバーは全員(4番・8番除く)が20盗塁はできる走力を持っていると思います。
相手投手にとって、フォアボールひとつで失点につながる可能性があるので、かなりいやらしい攻め方ができると思います。

野間をレフトに抜擢しました。野間峻祥は俊足で強肩ですので、あとは長打力が上がれば十分、戦力として機能するはずです。


BBM2015 ベースボールカード ファーストバージョン プロモーションカード(Limited Edition) No.LE09 野間峻祥


西川龍馬も線が細いわりにパンチ力がありますので、是非とも大ブレイクしてほしいですね。


【足でかき回す俊足スタメン その2】

1番 ショート 田中広輔(左打ち)
2番 セカンド 菊池涼介(右打ち)
3番 センター 丸佳浩(左打ち)
4番 ライト 鈴木誠也(右打ち)
5番 ファースト 堂林翔太(右打ち)
6番 レフト 野間峻祥(左打ち)
7番 サード 西川龍馬(左打ち)
8番 キャッチャー 石原慶幸(右打ち)
9番 ピッチャー


オーナーズリーグ13 BOOST ブースト 堂林翔太 広島カープ【中古】


4番に鈴木誠也を据え置き、5番に堂林を置いてみました。
堂林は盗塁こそ2013年の10盗塁が最多ですが、50メートル走は6秒2と言われています。
足は速いので、盗塁の技術を磨けば十分、機動力野球の一員に組み込めるでしょう。
そうなった場合、1番から7番まですべてが20盗塁は見込める打線になります。
マシンガン打線だけでなく、塁盗みまくり打線になります。
誰が塁に出ても盗塁が見込めますので、相手投手へかなりのプレッシャーになるでしょう。
相手投手が投球モーションが大き目の選手の場合などでこういうスタメン起用も面白そうですよね。


ただ、ホームランという魅力はやはり薄れますね。
ヤクルト・山田のように打って走れての選手がいれば・・・
そこは鈴木誠也に任せましょう!

堂林もたまに長打を打ちますし、3番から5番まで長打が見込めますよね。


スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]




終わりに


いくつかのパターンでスタメンを予想してみました。

こうやってスタメンを考えていると、監督というのは頭を悩ませるんだな、とつくづく感じました。

ましてや、監督の起用方法ひとつでチームの結果が変わってきます。

責任重大というものですよね。


選手を駒にたとえるのは失礼ですが、今ある戦力(駒)でいかに相手を打ち崩すか。

単純に大砲を並べるだけでは三振の山を築くこともあります。


試合展開を考え、臨機応変によるバッティングでチームを勝利に導く。

そんな戦いをしていく必要がありますね。


2017年は戦力補強をした巨人、阪神が強敵です。

また、日本の代表的主砲の筒香ひきいるDeNA、驚異の2年連続トリプルスリーの山田ひきいるヤクルトも強敵です。

あれ、中日以外みんな強敵です・・・

かと言って、中日も油断しているとコロッと負けることもありますので油断大敵です。



つまり、常に最善の戦力で相手チームに挑む。

昨年優勝という立場はいったん忘れ、常に挑戦者の気持ちで闘いに挑んでもらいたいですね。


以上、2017年の広島カープスタメンを勝手に予想してみました。

スポンサーリンク
総合, 雑記の関連記事
  • 広島・鈴木誠也の2019年の年棒を大予想!契約更改で1億円突破は間違いなし!
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 巨人・村田修一の戦力外に広島カープが取った場合のメリットは?
  • 【2017年】広島カープ 契約更改予想!リーグ連覇で大幅年棒アップは誰だ!?
  • 新井さんも衝撃!弟・新井良太が現役引退を決意。引退後の進路は!?
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
おすすめの記事