スポンサーリンク

3月8日、第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)1次ラウンド2試合目。
日本はオーストラリアに中田・筒香のアベックホームランにより1-4で快勝しました。
鈴木誠也のWBC2戦目は2安打を放ち、マルチ安打となりました。






スポンサーリンク

試合経緯


日本は1点を追う五回、坂本の2塁打と鈴木の安打で無死一・三塁の場面から、
松田の左犠飛で1-1に追いつく。

七回に先頭・中田が初球を捉え、左越えの本塁打で逆転に成功!

八回には筒香がポール際ギリギリに飛び込む2試合連続本塁打となる2ランでオーストラリアを突き放した。


3番手・育成出身の千賀が2回無失点、4奪三振と見事に仕事をこなした。

オーストラリアは二回に先発・菅野からデサンミゲルのソロで先制したが、その後は打線がつながらなかった。

日本・小久保監督談
「苦しい展開だったが、菅野が粘り強く投げたことが逆転につながった。
あとは何といっても中田の本塁打。最高の場面で出た。」


5回に松田の犠牲フライでの同点。

5回裏に菅野からマウンドを変わった岡田が1アウト満塁のピンチになりましたが、ベレスフォードをダブルプレーで打ち取り、
無失点で切り抜けたのが日本にとって大きなポイントでした。

そして7回に中田の逆転ホームラン。
8回に筒香の2試合連続ホームラン。

投げては1失点の投手リレー。
初戦のキューバ戦とはうってかわって、投手陣も見事に相手打線を封じ込めたのが良かったですね。


これで1次ラウンド突破の可能性がかなり高くなりました。



鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。

7番ライトでスタメン入り。


2回表
内角のストレートを打つもショートフライ 2アウト

5回表
0アウト2塁からセカンドへの内野安打 1,3塁

7回表
低めの変化球を見送りフォアボールを選ぶ 1塁

9回表
レフトへのヒットを放つ 1塁


以上より、鈴木誠也のWBC公式戦の第二戦目は見事にマルチヒットを達成!

5回表の内野安打後に、続く松田の犠牲フライにより日本にオーストラリアに1-1で追いつきます。
このあたりから日本の攻撃に勢いがついてきた感じでしたね。

2戦目はフォアボール一つと3打数2安打で、打率をグッとあげました。

次の試合では、記念すべき初打点を期待しましょう!

WBCオーストラリア戦はコチラでハイライトをご覧ください。



スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]



1次ラウンドも2連勝で、一気に1次ラウンド通過の可能性が大きくなりました。

9日は中国-オーストラリアの1試合が行われ、オーストラリアが勝てば日本の2位以内が確定して2次リーグ進出が決まります。

次の日本は10日に中国と対戦です。


この勢いを保ったまま、次の試合も快勝し、全勝で2次リーグに進みたいですね。








スポンサーリンク
WBC, 成績, 第4回, 総合の関連記事
  • 【WBC動画】侍ジャパン イスラエルに8-3で快勝!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン キューバに8-5で逆転勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン オランダに6-8で勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン 中国に7-1で快勝!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン オーストラリア に1-4で逆転勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン キューバに11-6で快勝!鈴木誠也の成績は!?
おすすめの記事