スポンサーリンク

3月14日、第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)の2次ラウンド2戦目。
侍ジャパンはキューバと対戦し、8-5で逆転勝利しました。
鈴木誠也はスタメン落ち。出場機会もありませんでした。






スポンサーリンク

試合経緯


1回裏にいきなり1番山田が先制となるホームランを放ち、1-0。

幸先の良い展開です。

しかし、2回表。
グラシアルにレフトスタンドへの2ランホームランを打たれ、でキューバに逆転されます。

続く3回裏、筒香のタイムリーで2-2の同点に。
接戦ですね。

しかし、4回表。
メサのタイムリーで2-4と勝ち越しされてしまいます。

悪い雰囲気の中、5回裏。
青木のセカンドゴロの間に1点追加し、3-4。
続く筒香がまたまた同点となるタイムリーで4-4と試合は振り出しに戻ります。


しかし、6回表。
アラルコンのタイムリーでキューバがまたも勝ち越し。これで4-5。

さらに6回裏。
小林のタイムリーで6-6の同点に!


まさに打っては打たれの展開。
でも、勝ち越しはいずれもキューバ側なのでちょっと精神的にも厳しい展開です。


でも勝利の女神は日本に微笑みました。

8回の裏、小林に代わった内川が犠牲フライで6-5と勝ち越しに成功!
さらに山田の本日2本目のホームランとなる2ランホームランで8-5と突き放します!


そして9回。
牧田がきっちりと抑え、侍ジャパンが見事5連勝を飾りました!

今日の展開は本当に苦しい展開でしたが、
これで準決勝進出の可能性がかなり高くなりましたね!



鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。


スタメン落ち。
出場機会もありませんでした。

他の選手が得点するたび、鈴木誠也の喜ぶ姿は映っていましたが。


とうとう出場機会すら得られませんでした。

9回に小林に代わって内川が出た場面。

小久保監督は鈴木誠也よりも内川を選んだということになります。

それは今までの経験もありますし、現状の調子もあります。

総合的に判断して、誠也よりも内川の方が良いと判断したのでしょう。


悲しいですけど、これが現実なんですね。


でも、やっぱり誠也の活躍するところが見たいです。



WBC2次ラウンド キューバ戦のハイライト動画はこちらです。
熱い展開ですね!



スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]




2次ラウンドも2連勝を飾りました。

これで、準決勝に進出する条件は下記の通り。

・イスラエル戦に勝利 ⇒ 1位突破で準決勝進出
・負け ⇒ 4失点差の場合、1位突破で準決勝進出
・負け ⇒ 5失点差以上の場合、日本・オランダ・イスラエルが2勝1敗で並ぶ可能性あり。
・オランダがキューバに負ければ、日本はイスラエルに負けても準決勝進出。


これらの条件を考えると、準決勝へ進む可能性はかなり高いと言えますね。

負けても4失点差で収まればいいわけですし。

けれども油断はできません。
相手の強力な打線で一気に大量失点もあり得ます。

決して油断せず、できれば6連勝の完全勝利で準決勝に進みたいですね!


頑張れ、侍ジャパン!

スポンサーリンク
WBC, 成績, 第4回, 総合の関連記事
  • 【WBC動画】侍ジャパン イスラエルに8-3で快勝!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン キューバに8-5で逆転勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン オランダに6-8で勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン 中国に7-1で快勝!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン オーストラリア に1-4で逆転勝利!鈴木誠也の成績は!?
  • 【WBC動画】侍ジャパン キューバに11-6で快勝!鈴木誠也の成績は!?
おすすめの記事