スポンサーリンク

左腕同士の投手戦となったが、DeNAは4回表、2アウト2,3塁からロペスのタイムリーで2点を先制。
その後は6回に田中浩のタイムリー、9回にはロペスのタイムリーでダメ押し点を挙げた。
しかし、広島にとって2度の山路塁審の誤審が遺恨となる試合となった。







スポンサーリンク

試合経緯



4回の表、2アウト2,3塁からロペスがタイムリーツーベースでDeNAが2点を先制する。

続く6回表、桑原のスリーベースヒットの直後、田中浩のタイムリー人でDeNAが3点目。

さらには9回表にロペスがタイムリーツーベースを放ち、0対4と試合を決定付けた。


投げてはDeNA・今永が1安打完封と完璧な試合運び。

ただ、広島は山路塁審の酷い2度の誤審に泣かせられる試合となった。




鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。




5番ライトでスタメン出場。
各打席の成績は下記の通りです。


2回裏:低めのストレートを打つもセンターフライ 1アウト

⇒言うことありません。


5回裏:一度もバットを振ることなくフォアボールを選ぶ 1塁

⇒ここは先頭打者でフォアボールを選びました。続いて盗塁も決めて、得点圏にランナーを進めました。



7回裏:一度もバットを振ることなく四球を選ぶ 1,2塁

⇒本日2度目のフォアボール。何とか後続に打ってもらいたい一心でしょう。



今日は1アウト、2フォアボール。
塁には出ましたが、打率は下げることになりました。

1日1本は果たせませんでした。


で、ちょっと見てみたのですが、これだけ不振な鈴木誠也ですが、打率は3割2分超、1本塁打の11打点です。

打率と打点はセ・リーグのベスト10に入っています。

数字的に見れば、上位の活躍なんですよね。


でも、得点圏で凡退することが多いので、印象がとにかく悪い。

ヒットを打っていても勝敗に関係の無い場合も多いですし、打点も同様です。
打率が3割2分に対し、得点圏打率が2割4分なんですよね。
とにかくチャンスで打てていない。

これが現在の調子です。

なんとか、得点圏で長打が飛び出て、調子が上向きになってもらいたいところです。



そして、今日は山路塁審の2度の誤審で身も心も打ち砕かれています。
明らかな誤審をどうぞ。
何度も見てみてください。
何度見てもセーフです。







山路審判、1試合に2つの誤審 緒方監督 初の退場処分 これはひどい

スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]



今日はとにかく今永にしてやられました。

フォアボールはそれなりに多かったので塁に出る機会はあったものの、安打は初回に放った菊池の1本のみ。

見事な完封負けを喫しました。


対する床田も4回2失点と、そこそこだったんですけどね。

今日のヘーゲンズはまた失点しましたし。
ブレイシアは6試合連続無失点と使える状態です。


本日は、今永と山路塁審にやられましたが、気分を切り替えて明日は何とか勝利しましょう。

そして、連敗をしない力強さを発揮しましょう!




以上、4月19日の広島対でDeNA戦でした。






スポンサーリンク
関連キーワード
2017年成績の関連記事
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
  • 薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山月間MVP!?
  • 【優勝】広島カープ リーグ連覇達成!阪神の目の前で緒方監督が宙を舞う!
  • 【悲報】広島カープ 逆転負けで地元優勝遠のく。ソフトバンクは優勝
  • 【2017】広島カープ タイトル争いまとめ 丸と薮田に期待大!
おすすめの記事