スポンサーリンク

広島は同点にした後の6回裏、広島の若き4番・鈴木誠也が巨人・田口から2ランで勝ち越しに成功!
7回以降、松山・丸のおタイムリーや巨人のエラーに乗って、結果的に8対1と快勝。
前登板では四球で崩れた九里が6回1失点で3勝目。








スポンサーリンク

試合経緯



初回、マギーのタイムリーで巨人が先制する。

その後、3回裏に中井のファンブルで広島が同点に追いつく。

今季の広島はビデオ判定になると大概、有利に働いていますね。
それくらいギリギリの攻め・守りをしているということになりますが。


そして、両チーム0点が続く中、試合が動いたのは6回裏。

鈴木誠也が勝ち越しとなる2ランホームランで3対1に!


2ランホームランで3対1に!

その後は7回に松山、丸のタイムリーで5対1にリードを広げる。


そして8回に巨人・乾の暴投の間に西川と野間がホームを踏み、7対1に。

そしてラストは菊池のタイムリーで8対1とリードをさらに広げます。



終わってみれば、タイムリーや相手のエラーなどで、8対1と快勝!


勝ち越しホームランを放った鈴木誠也と、6回1失点と好投した九里がヒーローインタビューとなりました。





鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。




4番ライトでスタメン出場。
各打席の成績は下記の通りです。


2回裏:7球粘るも外角低めのストレートに見逃し三振 1アウト

⇒本日の初打席は見逃し三振。粘ったのは良かったです。



3回裏:低めのスライダーを打つもサードゴロ

⇒同点となった直後の打席。ここは何とか犠牲フライくらいは打って欲しかったのですが。



6回裏:1アウト2塁の3-1からレフトスタンドへの2ランホームランで広島勝ち越し! 広3-1巨

⇒打った!勝ち越しの2ラン!スタンドから大歓声が上がります!最高の結果ですね!



7回裏:2アウト1,2塁から低めの真っ直ぐを打つもレフトフライ 3アウトチェンジ

⇒得点圏だったのですが、ここはフライアウト。イケイケムードに乗っていきたかった。










【広島カープ】11- 2【読売ジャイアンツ】2017/5月14日試合ハイライト




スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]





昨日はマイコラスを、そして本日は田口から勝利となりました。


昨年は田口には苦労をさせられ、全く打てていませんでした。


今年もなかなか田口にはやられていますが(というか左投手には全般的にやられてます)、
鈴木誠也の2ランで勝ち越してからは一気に流れがカープに傾きましたね。


7回以降は巨人の方が集中力を切らしていたようです。
また、明日は月曜日で試合は無いので、中継ぎもフルに投入できます。


そんな心配をよそに、九里は6回失点の好投。

その後は一岡⇒ジャクソン⇒今村と無失点継投での勝利。

一岡が1本ヒットを打たれたものの、その後はヒットも四球も無く、
なんとも胃薬いらずの安心投球を見せてくれました。


まぁ、大量リードしていたので投手自身も安心感があったのでしょうけど。

1,2点リードの場合は四球連発の自滅をいままで何度も見てきただけに、
今日の安定感は半端ないくらい安心でしたね。



そして鈴木誠也。

すっかり4番の貫禄が出てきました。

本日はホームランの1本だけでしたが、それでも勝利打点を打ったことは素晴らしい活躍です。


そして、今日の相手は左投手だったので安部ではなく松山かな?と思ったりしていましたが、
ここはペーニャの投入でしたね。

ペーニャは1安打1四球とまずまずの成績。

そして、終盤に出てきた西川は代打でヒットを放ち、勝負強さを見せました。

続く野間もヒットを放ち、その後の相手のエラーに乗じてのナイスラン!


打って走っての見事な攻撃を見せてくれました。



エルドレッド、鈴木誠也のホームラン。
(丸もここぞという場面でホームランを打つので頼もしい!)

安部のプチ覚醒な活躍も嬉しいところです。
規定打席にたどり着いていないのですが、打率3割6部でしたっけ?
あとは守備が安定すれば、不動のサードになれるのですけどね・・・


新井さんがちょっと調子を崩しているので、極力新井さんに頼らない若手打線で繋いで欲しいところです。


堂林がもうちょっとファーストの守備が上手ければ、ファーストスタメンもありえるでしょうか?
(でも、新井さんがお休みの日はエルドレッドがファーストに、レフトに松山などが入るので、
ファースト堂林のスタメンは難しそう・・・)


いずれにしても、打線自体は好調です。
倒投さえなければ、打ち勝てています。


今季はこれで巨人から大量リードしています。


あとは阪神との直接対決に敗れないよう、
苦手意識を払拭して頑張ってもらいたいですね。



西川と野間が活躍してくれれば、中盤以降の逆転も増えるかもしれませんね。



さて、久々の日曜勝利でしたので、明日はゆっくりと余韻に浸ります。


来週も頑張って応援しましょう!










以上、5月14日の広島対巨人戦でした。



スポンサーリンク
関連キーワード
2017年成績, 総合の関連記事
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
  • 薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山月間MVP!?
  • 【優勝】広島カープ リーグ連覇達成!阪神の目の前で緒方監督が宙を舞う!
  • 【悲報】広島カープ 逆転負けで地元優勝遠のく。ソフトバンクは優勝
  • 【2017】広島カープ タイトル争いまとめ 丸と薮田に期待大!
おすすめの記事