スポンサーリンク

広島が交流戦初戦をモノにして6連勝。広島は4回、丸のタイムリーで先制すると、8回に菊池のタイムリーで加点し、さらに9回には會澤と菊池のタイムリーでダメ押し点を追加。
投げては、中継ぎから先発に回った薮田が6回無失点の好投で今季4勝目を飾った。




スポンサーリンク

試合経緯


広島は4回、ノーアウト2塁から丸のタイムリーヒットで先制する。

その後は両チームともゼロ更新が続く緊迫した試合が続く中、
8回の表に前の打者が敬遠されて2アウト1,2塁の菊池がタイムリーヒットで2点目を得る。

9回には西部のエラーからチャンスとなった広島は、曾澤のタイムリーと、さらに菊池のタイムリーツーベースで5対0に。

9回は今村がいつも通り4凡でキッチリと締めた。


これで広島は中日に3連敗した後の6連勝。
着々と貯金を貯めだしています。



鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。


4番ライトでスタメン出場。
各打席の成績は下記の通りです。


2回表:低めの落ちる球に空振り三振 1アウト

⇒交流戦初打席は三振からのスタートです。



4回表:レフトへのヒット 1塁

⇒ヒットの後、すかさず盗塁!走れる4番って良いですよね。




7回表:ボテボテのピッチャーゴロ 1アウト

⇒ここはあえなく凡退。今日は1ヒットか・・・



8回表:カウント2-2から空振りの三振を喫する 3アウトチェンジ

⇒満塁のチャンスだったのですが、本日2度目の三振。
コンパクトに振りぬいてほしい。




2017年5月30日 埼玉西武対広島 試合ダイジェスト


スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]




交流戦初戦を勝利!

毎年鬼門の交流戦。
その初戦から勝利し、勢いを加速していきたいですね。

今日は台所事情もあって薮田が先発に回りました。
先にロングリリーフで経験を積んでいたこともあってか、
先発としても6回無失点の好投っぷり。

なんとなく昨年のヘーゲンスみたいな起用ですが、
その期待に見事答えてくれました。

中継ぎ陣もランナーは背負うもののキッチリと無失点の継投。

そして野手は試合終盤での畳みかけ。

1対0のままだったらドキドキしていたでしょうけど、5点も取っていたらひとまずは安心でした。

最後は今村が安定の4凡退。

これでリーグ首位をがっちりとキープ。

2位の阪神も勝利しましたのでゲーム差は変わらず。

そして巨人はまさかの菅野が打ち込まれての敗北。

いつの間にか、2位と3位が5ゲーム差となっていました。
交流戦の終わるころには、このゲーム差がどうなっているのか。

さらにリードを広げられるように、1試合ずつキッチリと勝っていきたいですよね。


鈴木誠也は本日は1ヒットのみ。

昨年のサヨナラ男を再現するべく、ここぞという場面で打ってもらいたいですね。

それにしても、昨年まではレギュラー定着仕切っていない状態だった鈴木誠也が、今や4番ですもんね。

その成長っぷりは目を見張るものがあります。

この勢いのまま、明日も勝ちに行きましょう!






スポンサーリンク
関連キーワード
2017年成績の関連記事
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
  • 薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山月間MVP!?
  • 【優勝】広島カープ リーグ連覇達成!阪神の目の前で緒方監督が宙を舞う!
  • 【悲報】広島カープ 逆転負けで地元優勝遠のく。ソフトバンクは優勝
  • 【2017】広島カープ タイトル争いまとめ 丸と薮田に期待大!
おすすめの記事