スポンサーリンク

右足首のけがで抹消していた鈴木誠也が29日に手術を行った。右足脛骨内果骨折と三角靭帯損傷で全治3か月の見込み。
これでチームが順調に勝ち進んでも日本シリーズには間に合いそうもないか・・・?






スポンサーリンク

鈴木誠也が右足脛骨内果骨折の手術を実施


右足首のけがで戦列を離れていた鈴木誠也が、29日に広島市内の病院で手術したと、発表がありました。

右足脛骨内果骨折と三角靭帯損傷で2週間の入院予定です。

診断では全治3か月とのことで、チームが順調に優勝、
CS突破を果たしても、日本シリーズには間に合いそうもありませんね。


ただ、このようなスポーツ選手の怪我は全治〇ヶ月というのは多めに発表するようなので、
鈴木誠也の若さで少しでも早く回復することが望まれます。




三角靭帯損傷とは?



鈴木誠也,手術,右足,右足脛骨内果骨折,三角靭帯損傷,日本シリーズ,復帰


三角靭帯損傷は、足首を外面にひねった場合に、三角靭帯を損傷してしまう傷害です。

通常、三角靭帯損傷とは言わず、ただ単に「足の捻挫」と言っています。

症状としては痛みをともないますが、痛みの強さは靭帯の損傷度合いによりバラバラですし他の靭帯と共に損傷することもあり、その状態で放置すると靭帯が緩んだ状態で、くっついてしまいますので、必ず専門医を受診して、治療を受けることが望ましい。



三角靭帯とは、内くるぶしにある靭帯のことを意味しており、後脛距靭帯・脛踵靭帯・脛舟靭帯・前脛距靭帯で、形作られています。

この靭帯の損傷を、三角靭帯損傷といい、一般的に言って「足首の捻挫」と呼びます。

この三角靭帯が損傷すると併せて、外側靭帯損傷・脛骨果部骨折を起こすこともあります。

三角靭帯損傷は、足首の捻り(外反)が主因となり生じます。

外反とは、足の裏を外側に向けるような捻り方で、この為、内側にある三角靭帯が引き伸ばされ、損傷を受けてしまうわけです。

スポーツのジャンプでの、着地の際の踏み外しが、きっかけとなることが多く、

今回の鈴木誠也も全くこれと同じ原因と言えますね。

ただ、三角靭帯は太くて強い靭帯ですから、実際に外反を起こしたとしても、重症化することはわずかしかないようです。


右足脛骨内果骨折の方は「骨折」ですので、やはり治るまでそれなりの時間が必要です。

三角靭帯損傷は、いわゆる「捻挫」ですので、よっぽどのことがない限り、こちらは特に問題がなさそうですね。




スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]





鈴木誠也は日本シリーズに間に合うか?



もし、このまま広島がペナントを制し、リーグ優勝を果たすとします。

そして、クライマックスシリーズも順調に勝利し、日本シリーズへと進出したとします。

ここで、日本シリーズの日程はと言いますと、予定では10月28日からとなります。

手術をした8月29日から、丸2か月ということになりますね。


全治3か月ということなので、単純に考えたら間に合いません。

ただ、この3か月を多めに言っているのであれば、2か月後の10月28日にはある程度、歩いたり軽く走ったりできる状態になっているかもしれません。

ただ、やはりリハビリ、弱った筋肉を鍛えて状態を戻すことを考えると、2か月では難しいと言わざるを得ません。


そういう意味で、様々なメディアでは「今季絶望」と言われてますね。

例えバットを振ることが出来たとしても、守備は当然無理です。

万が一、万が一、驚異の回復で試合に出られたとしたら、DHや代打での一発勝負でしょう。


昨年に続き、今年のカープの成績においても、
鈴木誠也の活躍無しでは語れることはできません。

それくらい、若き4番として成長し、チームの顔となった鈴木誠也。

たとえ、試合に出られないとしても、
リーグ優勝や日本シリーズ制覇の瞬間に鈴木誠也が輪に加わっていて欲しいと切に願います。


早く、鈴木誠也のイキイキとした笑顔を見たいですね!






スポンサーリンク
ニュースの関連記事
  • 新井さんも衝撃!弟・新井良太が現役引退を決意。引退後の進路は!?
  • 神った!覇気った!安部のサヨナラ2ランホームランでマジック12再点灯!
  • 【悲報】広島・鈴木誠也が右足手術で全治3ヶ月だが日本シリーズに間に合うか調べてみた
  • 鈴木誠也が夜遊びを週刊誌に報道された!金髪美女との夜の密会。尚、成績は爆上げの模様
  • 広島カープ・鈴木誠也の成績アップ間違いなし!?今年も内川塾で合同自主トレ!
  • 広島カープ・鈴木誠也と菊池涼介が侍ジャパンに選出!WBCで大暴れを期待!
おすすめの記事