スポンサーリンク

ペナントも終盤にさしかかりリーグ優勝も間近に迫った広島カープ。
主力選手が活躍する中、引退間近の選手がいるのも事実。
ここでは2017年オフに戦力外及び引退する可能性のある選手を予想してみました。




スポンサーリンク

広島カープは若手選手の層が厚い


マジックが再点灯し、リーグ優勝に向けてひた走る広島カープ。

現在活躍する一軍の選手達は、いまや広島カープの顔とも言える人気選手です。


主力選手は新井さんを除き、ほぼ30代以下の選手で構成されています。

タナキクマルは28歳組ですし、鈴木誠也は23歳です。

その他、一軍の選手の多くは20歳代ですね。


広島カープで30歳代と言えば、下記の選手が30歳以上です。

新井 貴浩 40歳 1977/01/30
石原 慶幸 37歳 1979/09/07
エルドレッド 37歳 1980/07/12
江草 仁貴 37歳 1980/09/03
梵 英心 36歳 1980/10/11
永川 勝浩 36歳 1980/12/14
赤松 真人 35歳 1982/09/06
天谷 宗一郎 33歳 1983/11/08
ジョンソン 32歳 1984/10/14
小窪 哲也 32歳 1985/04/12
ペーニャ 32歳 1985/07/18
松山 竜平 31歳 1985/09/18
白濱 裕太 31歳 1985/10/31
岩本 貴裕 31歳 1986/04/18
小野 淳平 30歳 1987/04/05
今井 啓介 30歳 1987/05/24


数えてみれば、結構30歳以上の選手がいるものですね。

まぁ、引退の理由は決して加齢による衰えだけではありませんが、
ひとまず年齢+今後の起用方針などを考慮して、引退選手を予想してみたいと思います。




広島カープ2016年の引退選手は?


ここでひとまず、2016年オフの引退選手を振り返ってみましょう。



黒田博樹




広島カープの2016年引退選手と言えば、代表格は25年振りのリーグ優勝&日米通算200勝を達成し勇退した黒田博樹氏でしょう


200勝という素晴らしい実績を残し、リーグ優勝も果たし、思い残すことは無いくらいでしょう。
あえて言うなら、日本一を達成したかったところでしょうね。

多くのファンに見送られながらユニフォームを脱ぎました。

リーグ優勝の際には、緒方監督・黒田博樹氏、新井さんの3人が胴上げをされましたね。



広瀬純




次に広島カープで2016年に引退した選手は広瀬純選手です。

2013年に達成した15打席連続出塁記録は未だに破られていない大記録となっています。


2016年のリーグ優勝記念DVDに広瀬純選手の引退会見も収録されていますので、
見逃した方は是非見てみてください。



CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 〜耐えて涙の優勝麗し〜 (DVD2枚組) RCCDVD-30


広島カープの低迷時代を支えてくれた広瀬純選手の引退はちょっと寂しい気持ちになりました。


今ではたまに解説者として声を聞かせてくれていますね。



2017年 広島カープ引退選手予想


それでは、2017年の広島カープの引退選手を予想してみたいと思います。

引退予想の基準としては、30歳を超えて身体的にも衰えが来ているだろうということ。

それと出場機会が減って、今後の一軍の起用が難しいだろうということ。


これを基準に、引退選手予想を挙げていきます。



新井 貴浩




チーム最年長の新井さん。

今季は4番の座を鈴木誠也に譲り、新井さん自身はサポートに徹したような起用となりました。

しかしながら、2016年にMVPを獲得したほどの活躍は見られませんでした。


これで2017年にリーグ優勝を果たすと、新井さんも燃え尽き症候群になってしまうかもしれません。

能力的にはまだもう少し戦えるかとは思いますし、チームとしても野手の大黒柱として支えてもらいたい気持ちもあります。

そのため、引退の可能性としては中の中くらいの可能性かと思われます。


2017年オフの新井さんの去就に注目ですね。



石原 慶幸




石原選手も引退の可能性が見受けられます。

年齢的には37歳。

2016年と比べて、守備面でも衰えが見られました。

加えて、今季は曾澤選手が多くスタメンで起用され、
石原選手はセカンド捕手のポジションとなっています。


来年も今年と同じような起用になるだろうと予想されます。

広島球団としても、そろそろ捕手も若返りを進めるため、
曾澤選手の次に、磯村選手や船越選手、坂倉選手の育成を進めていくことになるでしょう。

そういう状況を顧みて、石原選手がユニフォームを脱ぐかどうか。

本人的にはもう一年、戦えるだろうということで、
石原選手も引退の可能性としては中の下くらいかと思われます。




梵 英心




広島の野手新人王である梵英心選手。

新人王の歳がキャリアハイだった気がしないでもないのですが、
梵選手もその高い走塁技術と守備力で低迷期の広島を支えてくれた貴重な選手でした。

そんな梵選手も、2017年は一軍に上がれず二軍暮らしが続いています。


年齢も36歳。

広島の外野は鈴木誠也、丸がほぼスタメン確定。

残りの枠をエルドレッド・松山が日替わり起用。

守備固めでは野間が起用されます。

そのため、梵選手の出番がはいるスキがありません。


年齢による衰えと、一軍での起用が無いことから、
戦力外の可能性が最も高い選手ではないでしょうか。
そのため、引退 or 出場機会を求めて退団の可能性が高いと思われます。


36歳という年齢から他球団が獲得に動くかどうかわかりませんが、
予想では広瀬純氏と同様に、引退となると思われます。


可能性としては、かなり高いでしょう。


2017/10/3 追記:
梵選手の退団が発表されました。
「引退」ではなく、出場機会を求めての現役続行による自由契約、退団です。

思い起こせば、カープの低迷期に守備に走塁に活躍してくれた梵選手。

野手での新人王獲得は忘れません。

他球団に移籍しても、注目して応援したいと思います。

そよーぎえいしんっ!



永川 勝浩




かつての守護神 永川選手。

全盛期の永川選手のフォークが脳裏に焼き付いています。

ですが、次第に炎上することが増え、永川劇場という悪いあだ名まで付いてしまうことに。


思い起こせば、昨年に永川選手の弟も引退したような記憶があるのですが・・・


そんな永川選手も2017年は一軍の起用が無く、
ビハインド要員としても出場の機会がありませんでした。


そのような状況のため、永川選手も戦力外となる可能性が高いと思われます。
本人としても引退を決断するのではないでしょうか。

こちらも可能性はかなり高いでしょう。


2017年10月4日追記:
永川選手の続行が報道されました。

大幅減棒となるでしょうけど、それでも現役で投げきりたい。
そんな永川選手の思いが伝わってきます。

来季こそは、一軍での活躍する姿を見せてもらいたいですね。





江草 仁貴




江草選手と言えば、広島の選手というより奥さんが元バレーボール日本代表の竹下佳江だということで有名かもしれません。

そんな江草選手ですが、2013年にトミー・ジョン手術を受けて以降、2013年から2016年まで年間一桁ずつしか試合に出られていません。

さすがに5年連続でこのような状況が続いているのであれば、
江草選手も戦力外通告される可能性が高いと思われます。

本人としても出場機会を求めて他球団へ移籍するよりも、
引退を決断する可能性も高いかと思われます。

江草選手は阪神⇒西部⇒広島と移ってきた選手ですので、引退後はどこかでコーチなどに就くのではないでしょうか?


追記:
江草選手は2017年で引退することが発表されました。
「カープのユニホームを着て野球ができたことを誇りに思う。やり残したことはないが、一回はマツダのお立ち台に立ちたかった」と語っています。




その他


その他としましては、ちょっと去就が怪しい選手を挙げます。

というのも、30歳オーバーで一軍起用があまり無い選手となります。


引退 or 移籍の可能性がわずかながらあるかもしれない選手となります。



小窪 哲也




選手会長の小窪選手。2017年は途中から主力から外れ、出場機会が無くなりました。

32歳という年齢から、ちょっと今後の展開が読めないです。



天谷 宗一郎




天谷選手は2017年は9月に入って一軍に昇格しました。

ただ、やはり主力としての活躍はできていないことから、
去就が危ぶまれます。



赤松 真人




胃がんと闘った赤松選手。

がん摘出の手術後、順調に回復し広島の3軍で昇格に向けてトレーニングをしています。

がんを克服して一軍出場を果たす前例になることができるかどうか。

赤松選手に関しては、願いも込めて引退をせずに再び一軍で元気に走り回る姿が見たいところです。



追記:

赤松選手の来季の契約が報道されました。

一軍で赤松・野間コンビが出来たら、リーグ屈指の絶壁守備になるのでは?

赤松・丸・野間の外野人が見てみたいですね!!



スポーツを楽しむ方に人気沸騰中!






助っ人外国人


助っ人外国人も契約終了の可能性が高い選手を挙げていきます。



ペーニャ



両打ちのアベレージヒッターとして期待されたペーニャ選手。

しかし、安部の大頭で出番がありませんでした。

エルドレッドも今季は故障をせずに1年間通して出場できたことから、
ペーニャ選手の出番はほとんどありませんでした。

球団としても、今後はエルドレッド、バティスタ、メヒアを野手の主力と考えると思いますので、
ペーニャ選手はおそらく戦力外として退団となる可能性が高いでしょう。


ジャクソン




2016年は勝利の方程式として活躍したジャクソン。

しかし、2017年は不安定な登板が続いたことから、途中で勝利の方程式から外されました。

調子のいい時はズバッと三者凡退で抑えるのですが、
四球で自滅することも多く、その不安定さから来季の契約は無いかもしれません。

戦力外となる可能性としては中の上くらいかと思われます。



ヘーゲンズ




ヘーゲンズは2016年は中継ぎ⇒先発と優勝を支えてくれた第一人者だと言えました。

しかし、2016年と比べて2017年は活躍の場を失いました。

日本人投手も一岡、中田、今村と代わりがいることから、
ヘーゲンズも戦力外となり来季の契約は無いかもしれません。



ブレイシア




ブレイシアも勝利の方程式の中には加われていない助っ人外国人でした。

絶対的要素が無い限り、助っ人外国人の再契約は難しいもの。

9月現在ではちょっと去就が見えません。

ブレイシアに関しても、戦力外になるかどうかと言うところろで、
来季の契約はちょっと不透明なところですね。





終わりに





2017年オフに広島カープで引退する可能性がある選手を予想してみました。

どの選手も、広島カープの選手としてチームを支えてくれた選手です。


選手が去っていくのは寂しいのですが、
コーチとして就任するかもしれませんし、
チームの広報などになるかもしれません。


引退後も何らかの形でチームに携わって欲しいと思います。


これらはあくまでも私個人の引退予想となりますので、
当る当らないに関しては参考程度とお考えいただけたら幸いです。



以上、「【2017年】広島カープ 2017年引退する選手予想!リーグ優勝して涙の引退か!?」でした。


2016年優勝の瞬間はいつ見ても気持ちいいですね!


こちらの記事も人気です
マツコ会議でガチなカープ女子が可愛かったと話題に!



スポンサーリンク
関連キーワード
雑記の関連記事
  • 広島・鈴木誠也の2019年の年棒を大予想!契約更改で1億円突破は間違いなし!
  • マツコ会議でガチなカープ女子が可愛かったと話題に!
  • 【2017年】広島カープ 2017年引退・戦力外選手予想!リーグ優勝して涙の引退か!?
  • 鈴木誠也は4番?5番?現在の広島カープのベスト打順は!?
  • 3カード終えてついに広島が単独首位に!今後の展開は?
  • 広島大洋カープ!?huluのプチ間違いにクスッと来た件
おすすめの記事