スポンサーリンク

広島は初回、丸のソロホームランで幸先よく先制。4回表に同点を許すが、4回裏にMVP候補の松山のタイムリーとバティスタの犠牲フライで2点を挙げ、勝ち越し。投げては先発・薮田が7回2失点で15勝目で16勝の菅野を追いかける。8回裏にはドラフト4位の坂倉が一軍デビューを果たした。





スポンサーリンク

試合経緯


広島は1回裏。
丸のライトへの大きなソロホームランで1点を先制する。

その後、4回表に巨人・小林のソロホームランで1対1の同点に。

しかし、その裏の4回裏。
ノーアウト2、3塁から松山のタイムリーヒットで2対1と広島が勝ち越す。
続くバティスタが、1アウト1、3塁から犠牲フライで1点を追加し、3対1に。


一方、6回表に巨人はノーアウト1、3塁から重信がショートゴロの間に1点を返し、3対2と1点差に。

でも巨人の追い上げはここまで。

先発・薮田は7回表に1アウト1、2塁のピンチを迎えるも、バッター坂本をダブルプレーで抑えた。

その後は8回をジャクソン、9回を中崎が無失点リレーで逃げ切った。


8回裏にはドラフト4位の坂倉が一軍初打席デビューを果たした。

結果は1ストライクからの2球目、打った打球は力なくレフトフライでアウト。
2軍でも好成績で晴れて一軍デビューとなった期待の打てる捕手の坂倉ですが、少しホロ苦デビューとなった。



【丸 佳浩 23号 ソロ ホームラン 2017年9月23日 広島vs巨人】


スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]




総括





薮田が15勝目!

前回登板の9月16日は地元優勝がかかった運命の一日だったのですが、7回同点にされて涙を飲んだ薮田。

そんな苦い経験を払拭し、見事15勝目となりました。

3対2の1点リードで7回に1アウト1、2塁で巨人・坂本をというピンチを、見事ダブルプレーで切り抜けた薮田選手。

リーグ優勝を決めても変わらず安定した投球を見せてくれますね。

今となっては、カープ先発陣の中で一番安定していると言えるのではないでしょうか。

この調子ですと、CSや日本シリーズも薮田を筆頭に組み立てるかもしれませんね。

しかも、薮田が2018年の開幕投手という可能性も十分に考えられます!
(ジョンソン次第とは思いますが)

これで巨人・菅野の16勝に続く15勝目。
菅野もまだ登板を残しているので追いつくのはちょっと難しいかもしれませんが、最後まで諦めずにタイトル獲得に向けて頑張って欲しい。


あと、期待の坂倉が一軍デビュー。

初打席はレフトフライに倒れましたが、2軍でも好調を続けていた坂倉。

その実力を発揮し、曾澤・磯村のレギュラーの座を奪えるくらいまで成長して欲しいですね。

石原が今後どうなるか分かりませんが、坂倉も打てる捕手として台頭することを期待します!


あとは、今日もタイムリーを放った松山が月間MVPを獲得できるか!?

阪神の上本か松山が9月のMVP候補となっています。

9月の打率(4割超え)の上本か、打点の松山か。

まだ9月も数試合を残しているので、このまま好調を保った方がMVPを取るでしょう。

こちらも楽しみですね。


以上、「薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山MVP!?」でした。


⇒カープ関連人気ページはこちら





広島カープ人気商品



スポンサーリンク
2017年成績の関連記事
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
  • 薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山月間MVP!?
  • 【優勝】広島カープ リーグ連覇達成!阪神の目の前で緒方監督が宙を舞う!
  • 【悲報】広島カープ 逆転負けで地元優勝遠のく。ソフトバンクは優勝
  • 【2017】広島カープ タイトル争いまとめ 丸と薮田に期待大!
おすすめの記事