スポンサーリンク

広島は4回裏、1アウト二塁から丸のタイムリーで先制する。さらに先発・大瀬良自ら1点を加え、さらに6回には、バティスタのタイムリーでリードを広げた。
投げては、先発・大瀬良が7回1失点の好投で嬉しい10勝目。
今季ラスト登板を勝利で飾り、チーム3人目の二桁勝利となった。






スポンサーリンク

試合経緯


二桁勝利と規定回数クリアを掛けた大瀬良の今季ラスト登板。

初回を3者凡退で抑え、幸先の良いスタートとなった本日のゲーム。

両チーム無得点で迎えた4回裏、丸が1アウト2塁からタイムリーヒットで広島が先制!

さらに5回裏、2アウト3塁から大瀬良の打った打球は大きく跳ね、ショート西浦の焦りを誘い、ファンブルの間に貴重な1点を挙げて2対0に。


さらに6回裏、1アウト1、2塁からバティスタがセンターへのタイムリーヒットを放ち、広島が3対0とリードを広げた。

7回まで登板した大瀬良は、2アウトから坂口にソロホームランを浴びて1点を返されたものの、7回1失点と好投を見せた。

8回をジャクソン、9回を中崎が無得点で継投し、3対1で逃げ切った。

今季、地元・マツダスタジアムでの最終戦。

多くのファンの囲まれながらのペナント戦ラストゲームを見事勝利で飾った。

試合後には緒方監督がファンへ感謝の気持ちを述べ、続くCS、日本シリーズへの意気込みを語った。






本日の総括





大瀬良君、おめでとう!

9勝目を挙げてから、なかなか10勝目を挙げることができずに足踏みしていましたが、今季ラスト登板で7回1失点の好投!
見事、自らの手で二けた勝利を掴みました。

大量リードをもらったにもかかわらず、四球で崩れて追いつかれる展開が多かった終盤。
今日の当番はそのような様子は見られず、ランナーを出してピンチとなってもダブルプレーで切り抜けたりして落ち着いていましたね。


最終回の中﨑の登板を見守る大瀬良君が印象的でした。


また、今日は土生選手と庄司選手が7回から守備に着きました。

土生は見事送りバントを成功させましたし、庄司は粘りに粘って四球を得るなど、若手二人が期待に応えた結果を見せてくれました。

デッドボールの影響で血腫除去手術をした安部がCSに間に合うかどうかわからない状況の中、土生や庄司などの若手がカバーする。


広島も随分と層が厚くなったもんだとつくずく思いました。

若手同士での激しいレギュラー争い。

それに勝ち抜いて初めて一軍で試合に出られる。

そんな激しい闘いに勝ち抜いた者だからこそ、緊張する場面でもちゃんと結果を残すことが出来たのでしょうね。


土生と庄司。
先が非常に楽しみな選手達です。


スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]






さて、残る試合もあとわずか。

あとは丸がタイトルを獲得できるかが気になるところですね。最多安打に関しては残り試合がDeNAの方が多いので、ロペスに抜かれる可能性がちょっと高いのが心配なところ。
出塁率は丸が筒香を抜いて1位に躍り出ています。差は5厘差。
まだセーフティリードではないので、最後まで気を抜かずに1打席1打席集中して欲しいですね。


泣いても笑ってもラスト2試合。

ビジターでの試合になりますが、最後まで盛り上がっていきましょう!






広島カープ人気商品



スポンサーリンク
関連キーワード
2017年成績の関連記事
  • 【契約更改】広島・鈴木誠也 3000万増の9000万!1億円突破ならず
  • 大瀬良二桁勝利で2017年マツダスタジアムのラストゲームで勝利を飾る!
  • 薮田が15勝目!ドラフト4位坂倉ホロ苦デビューと松山月間MVP!?
  • 【優勝】広島カープ リーグ連覇達成!阪神の目の前で緒方監督が宙を舞う!
  • 【悲報】広島カープ 逆転負けで地元優勝遠のく。ソフトバンクは優勝
  • 【2017】広島カープ タイトル争いまとめ 丸と薮田に期待大!
おすすめの記事