スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]

開幕2カード目の広島対中日は、広島は9回、守護神・中崎が同点に追いつかれたものに、11回に新井さんの犠牲フライと中日の守備の乱れで勝ち越し、ラストはブレイシアがピンチになるも無失点で抑え、2カード連続の勝ち越しを決めた。

鈴木誠也は先制タイムリーで活躍するも、9回の守備には若干の非難を浴びた模様。







試合経緯


1回裏に中日・ゲレーロのタイムリーで中日が先制。
床田にとって、初先発の初回からいきなりの失点デビューとなりました。

しかし、2回表にエルドレッド2試合連続となる2ランホームランで広島が逆転!


その後、5回裏に中日・平田のタイムリーで2対2の同点に。

さらに7回裏、1アウト3塁となったところで、床田が降板し、今村に代わります。
その今村がゲレーロに犠牲フライを打たれ、3対2と中日が逆転に成功します。

そして9回、丸・新井と連続四球の後、鈴木誠也の放ったレフト前ヒットの際に丸がホームアウトに。

しかし、ビデオ判定の結果、セーフに覆り同点へ。
鈴木誠也のタイムリーヒットとなりました。


その後は両チームとも得点圏にランナーを進めるも、あと一歩が出ずに12回引き分けとなりました。


一方、1位・巨人が5連勝をしたため、ゲーム差が広がりました。




スポンサーリンク

鈴木誠也の成績


そして我らが鈴木誠也の成績は下記の通りです。


5番ライトでスタメン出場。
各打席の成績は下記の通りです。


2回表:高めの真っ直ぐを打つもライトフライ 2アウト

⇒鈴木誠也はなかなか初回の打席でヒットが打てませんね。


4回表:2アウト1,2塁の1-0からレフトへのタイムリーツーベースで広島先制! 中0-2広 2塁

⇒ここは見事でした。速い打球で打った瞬間に長打とわかるタイムリーヒットでしたね!今季、先制タイムリーは初ですね。



7回表:レフトへのヒットを放つ 1塁

⇒本日、2本目のヒット。今日は良い感じです。追加点が欲しいところでしたが、後続の小窪がダブルプレー・・・



9回表:ど真ん中の真っ直ぐを打つもレフトフライ 3アウトチェンジ

⇒ここは残念ながら普通にアウト。さて、最終回を守りきれば大瀬良くんに勝利がつきます!



11回表:ランナー3塁から高めのストレートを打つもショートゴロ 3アウトチェンジ

⇒もう1点欲しかったのですが、ここは仕方ない。11回をきっちり守れば勝利です!



【広島カープ】4/6(木)広島5-3中日「新井さん決勝犠飛で広島4連勝!大瀬良703日ぶり白星は?」試合ハイライト







今日は先発再転向の大瀬良君が快投を見せてくれましたね。

中日打線相手にとはいえ、6回を無失点の好投でした。
これは黒田の穴を埋めるに値する投げっぷりでしたね。
今後も期待できそうです。


でも、降板後は今村がソロホームランを打たれ、9回に中崎が追いつかれたため、大瀬良君には勝ちがつかず。

カープファンの誰もが大瀬良君に勝ちをつけてあげたかったと思っています。


そう考えると、9回の守りでの鈴木誠也の守備がちょっと残念でした。

1対3の1アウトランナー2塁の状況から、中日・ゲレーロの当たりをアウトにしようと突っ込み、結果としてアウトもとれずゲレーロには3塁にまで行かれてしまいました。

ここは無理せずに捕球していれば、1失点で済んでいたかもしれません。
もちろん、次のバッターのビシエドに打たれた中崎もいけませんが。


勝ったから良かったものの、ミスからの失点は良くなかったですね。
現在の点差や状況を考慮した上での守備・責め方をして欲しいです。

でも、この反省を活かしていけばいいんです。

かといって、毎回安全策をする縮こまったプレイをされるのも困りますけどね。

とにかくケースバイケース。

野球脳を鍛えるのも大事だということが分かった試合でした。



そして11回の新井さん。

1アウト満塁のチャンス。

ダブルプレーを注意しないといけないところを、打球こそちょっと低めだったものの、見事に犠牲フライを決めます!


また、中日の守備の乱れから菊池が本塁を奪い、犠牲フライで2点をもぎ取りました!
時間を稼ぐ1塁ランナーの丸の動きも地味に良かったです。



それにしても、本日の新井さん。

3三振、1併殺、1犠打でヒーローインタビューでした。

決勝点となる犠牲フライが決め手で、それまでのプレイは見なかったことに(笑)

新井さんにとっては不甲斐ないヒーローインタビューだったかと思いますが、チームの勝利が一番うれしい新井さん。

次はちゃんとタイムリーヒットでのヒロインを見たいですね!




それにしても、やっぱり中日のゲレーロ。

昨日に続き、とんでもなく怖い打者です。
空振りでも勢いがあるので、ちょっと恐怖を覚えます。

ゲレーロ⇒ビシエド⇒平田
のクリーンナップは今後の脅威ですね。

対策を練っていく必要があります。



以上、4月6日の広島対中日戦でした。


















スポンサードリンク
[pc-only] [/pc-only] [mobile-only] [/mobile-only]


スポンサードリンク
おすすめの記事